スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NO.2について・・・。その2 

 こないだの続きっす・・・、
ナンバー2の存在と云うのは、
非常にありがたいという一方、
へたをすると派閥を生み組織が乱れると云う事もあります、
いわゆる院長の云う事を聞かなくなると云う可能性もあります。
 ナンバー3の場合であれば、
仮に派閥ができても、院長の地位を脅かすくことなく、
云う事を聞いてくれる可能性が高いかも、
またやめてしまうと云う自体が起きても、
ナンバー3がたくさんいれば、
組織としてのダメージは、埋められる可能性もありますね。
 もっとも、
それを統率できるたけの力量を院長やトップには求められる訳ですけどね。
 ちなみに、
特質した優秀なスタッフよりも、
普通以上のレベルのあるスタッフの方が、
たくさんいた方が、
組織としては、
健全かなって思っています。

 では、 
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maruton.blog55.fc2.com/tb.php/3943-8bab5edc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。