スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

便利な言葉・・・。 

 便利な言葉・・・。
 以前にもカキコしたかと思うのだけど、
仕事中に使う・・・患者さんとの会話の中で、
いかに判りやすく納得してもらえるか、
いろいろ工夫している訳ですが、
当然受け取り側にもどう感じるかは、
どのように伝わっているかまでは、
なかなか難しい問題ではあります。
 そんな中で、
実際は正確ではないのだけど、
イメージとして伝えるには、
間違ってはいないけど、
正確ではないかなって云うのもあるんだけど、
それでも専門用語を使うよりかは、
伝わるかなって云うのも、
あるんだけど、
もちろん間違っていなくて正確って云うのもあるんだけどね、
まぁ、それが理想なんだけどね。

 例えば、
腰の治療に骨盤まわりの筋肉をターゲットにしていて、
中殿筋や小殿筋、梨状筋などなどを手技をする時に、
一見患者さんからは、関係ないじゃないかと思われる事もあるので、前後に説明として、
足を使う事が多くないですか?とか立っている事が多いですか?などと云うことを聞いて、
足の疲れがこのあたりで防波堤の変わりをしていて、
これを超えると、腰にくるんですよとか、
重心の中心点が第2仙骨の前あたりにあるので、
このあたりの筋肉が緊張するんですよっなどと云う事を使う訳です。
 他にもあるかと思うのだけど、
患部以外で実際、押してみて、痛みが再現出来ると、
関連性を示唆できたりするんだけどね。

 では、
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maruton.blog55.fc2.com/tb.php/3690-09bf609a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。