スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクセル・ワールド 

【2012-04-06(金) 24:30-より放送開始。(TOKYO MX)】
『アクセル・ワールド』は、川原礫によるライトノベル。電撃文

庫より、2009年から刊行。2012年にTVアニメ化。
【ストーリー】2046年、ニューロリンカーという携帯端末を用い

ることで生活の半ばが仮想ネットワーク上で行われるようになっ

た世界。
いじめられっ子ハルユキは、学内ローカルネットの片隅でスカッ

シュゲームのスコアを伸ばすだけの日々を送っていた。そんなあ

る日、ハルユキは美貌の上級生黒雪姫から謎めいた言葉を告げら

れる。
「もっと先へ――『加速』したくはないか、少年」
誘いに応じたハルユキは、ニューロリンカーの量子接続に作用し

て思考を一千倍に加速する「ブレイン・バースト」というプログ

ラムを受け取る。こうして「バーストリンカー」になったハルユ

キは、デュエルアバターを操り戦いに身を投じてゆく。

(wikipedia等参照)

 ってな訳で・・・、
 今期の作品の第二弾・・・もちろんおぢさんが見た作品の中で

って事だよっ。
 ちなみに第一弾は、「這いよれ!ニャル子さん」だねっ。
某サイトのランキングだと、この2つで1位2位と順番を獲得してい

るぐらい人気があるようでが、どちらも面白い作品でワクワクし

ちゃいます。
 特にこの作品に関して云えば、
久しぶりに、次の週が楽しみになる作品だよねっ、
最近はアニメを溜めてみる傾向にあるので、
比較的リアルで見るのは、この作品ぐらいかな。
 もちろんタイミングもあるんだけどね。
 現在1~5話までをみたのだけど、
主人公の境遇を見せておいて、
その後に別世界とでも云えるべき、
主人公の活躍できる場への描写と、
だけど、始めはいきなり負けてしまうと云った、
序章とも云えるべき所を判りやすく、
かつテンポよく進むのは、
見ていて非常に飽きがこないし、
さらには、引き込まれる展開に面白さ100倍って所かな。

 電脳社会と云うことで、
現実的にどうよって、設定はありますが、
もちろんライトノベルですし、
アニメだから、まぁ、現在発見されていない技術が開発されたっ

て事で楽しめればいいかとおぢさん的には思うのですが、
このシステムを作った人のその先に何があるのか?
まだまだ冒険は始まったばかりで、
その地点にいくまでもまだまだいろいろありそうだよねっ、
いくらでも設定がデキそうで楽しみです。

 とろこで、
この主人公ですが、
どこぞのサイトでも盛り上がっているかも知れませんが、
そう、細野さんの作品である「猿飛」に出てくる、
「にくまるクン」だっけ?に似ているんだよね、
まぁ、現在それについては、どうでもいいんだけど、
その作品自体は、おぢさんが小学校の作品で、
非常になつかしいよねぇぇぇ~、
その中でも主人公なんだけど、
めちゃくちゃかっこいい(中身的にね)んだよね。
なんともなつかしいねっ。

 とりあえず、
次回が楽しみっす。

 では、
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maruton.blog55.fc2.com/tb.php/3680-b5f4a00e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。