FC2ブログ

日記かな? 

 すこし想い出話しと云うか昔の話ですが・・・
ネットサーフィンなるものをしていたのですが、ナント!
「マイコンBASIC Magazine」が2003年5月号をもって休刊となっているじゃないですかっ・・・。
 う~ん、確かに僕も何時の頃からか、愛読しなくなって久しいのですが、現在のゲームプログラマーの方々でこの雑誌を見て飛び立った方々は多いのではないでしょうか?ある意味現在の日本のゲーム界の下地を作ったのではないでしょうか。
 僕が小学校5年ぐらいの時に「FM-7」と云う富士通から発売していた「ROM BASIC」を積んだパソコンを利用する頃からお世話になった雑誌です、当時は「BASIC」を打ち込んでゲームを楽しむ時代だったので、キーボードに入力して「パコパコ」と地道に入力をしていくのですが、やっと入力をして、さぁ、「RUN」だってやると「ERROR」の文字・・・修正して・・・修正して・・・どうにも動かなくて、次の号が出た時に「印刷ミス」の文字が出てた時には脱力感・・・なつかしい想い出です。

 当時は8ビット時代で3大メーカーが・・・
 「NEC」の「PC-8001」あれ?「8801」だったか?
 「富士通」の「FM-7」ちなみにその前に「FM-8」がありました。
 「シャープ」の「MZ-700」後に「X68000」を出すのですが・・・。 
 なつかしいです、当時は「ベンチマークテスト」とかいって各機種の速度を計っていたりしたのですが、現在の「CPU」と比較したらメモリーも含めて笑っちゃいますねっ!
 さらにまだ「フロッピー」が高価な時代で「テープ」が記憶媒体の主役でした、「ビープー」とかなってね、伝説の人がいて「ビープー音」でプログラムを紙に書ける人がいるとかいないとか(笑)。

 そう云えば「TRON」って「FM-16」だったかなに載せようとか企画があって、現在では「TRON」は確か携帯に使われていたような気がするのですが・・・なんだか嬉しいです。

 こうして見ると技術の積みかせねが現在のパソコンへと繋がって行くのですが、感慨深いですねっ。。
 
 では、
スポンサーサイト



この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maruton.blog55.fc2.com/tb.php/354-08d80d55