スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花粉症②・・・。 

 前回のネタとしての話・・・。
 これも昔カキコしたような気がするのですが、
以前は市販の薬で、1日1回のタイプのがあったのですが、
残念ながら製造中止になってしまいました。
 某メーカーでしたが、
ここだけが出していたんですよね、
その時の謳い文句が「1日1回で効く」ってのと「モーニングアタック」ですね。
 このモーニングアタックですが、
朝にくしゃみや鼻水の症状を抑えてあげると、
1日楽に過ごせる場合もあるってヤツで、
寝る前に飲むのがコツなんですね、
1日タイプの持続性なので、
血中濃度が朝方にピークになるようにもってきているのが特徴だったかと・・・。

 ・・・で、
個人的には、
1日3回のタイプが効き目的には安定しているかなって思っているのですが、
市販薬の場合では、
忙しいので1日2回のタイプが売れ筋で一番種類が多いのですが、
先程もカキコしましたが、
1日2回のタイプと1日3回のタイプでは、
薬の血中濃度のピークの回数が違う訳ですね、
確かに持続タイプの1日2回は便利ですが、
個人的には、3回のタイプの方が、
効果が強く感じました。
 まぁ、個人の感想ですから、
なんとも云えませんので、あしからず・・・。

 だからなんだって事はないのですが、
パッケージに持続性とカキコしてあると、
便利そうな気がしますが、
薬の1日量と1回に入れられる濃度とピークと考えると、
なかなか難しいですね・・・。

 では、
スポンサーサイト

この記事へのコメント

Re: 花粉症②・・・。

医者で貰う薬は、1日1錠ですよ。薬屋で買うのは、風邪薬と同じで総合的に効くやつなので1日もたないのでは。

Re: 花粉症②・・・。

 「はつゆきさん」へ
こんばんは、いつもコメントありがとうございます。

 >1日
ご指摘のように、ピークが朝方なので、薬の効き目自体は、
どんどん血中濃度が下がっていきますので、
判る人には、だんだん効果が薄れてくるのが判るかと、
この薬のタイプは、朝方の刺激をこらえれば、
その後はすっきりって考え方なのですが、
おぢさん的には、あまり効果が実感しにくい薬でした。
正直1日もたないんじゃないかなぁぁぁ~とは、
思ったりしましたけど、
まぁ、中には効く人もいると云う事で・・・。


 >医者
 医家向けの薬はあまりくわしくないのですが、
確か最近のは、抗アレルギー剤だと思うのですが、
こちらは、同じ1日1回の薬でも、
考え方がちょっと違いまして、
どちらかと云うと、
抗ヒスタミン剤が、アレルギーの出てきた原因の物質を押さえ込むのを得意とするならば、
抗アレルギー剤は、アレルギーの原因の物質を出しにくくすると云った感じでしょうかっ。
昔は、抗アレルギー剤を1ヶ月前から飲むといいですよって云ってましたが、
治療効果の他に予防効果もあるのですけどね。
 ・・・で、
そんな経緯ですので、
以前は治療効果よりは予防効果が目的で、
抗ヒスタミン剤と併用して処方される事が多かったのと、
できれは、血中濃度をながく維持したいと云うので、
同じ持続性なのですが、
また違った進化した形の持続性かと・・・。

 最近のは、抗アレルギー剤も、
抗アレルギー剤の働きが強くなっているタイプが出ているかと思うので、抗ヒスタミン剤と一緒に処方しなくなっているんじゃないかと・・・。

 う~ん、
なんかあんまり上手く説明できてないですが、
言葉で云うのも難しいけど、
文章にするのも難しいです・・・。

 では、


コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maruton.blog55.fc2.com/tb.php/3274-f6c483ff

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。