スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メカノレセプター 

 今日のためしてガッテンを途中から見ていたのですが、
結構面白いです、
今回は、変形性膝関節症や大腿部の骨折などの話があったようです。

 僕が見ていた部分は、
隠れ変形性膝関節症のところだったんですが、
医療関係者の方達にしてみれば、
似たような話は知っているよって云われるかも知れませんが、
知識としては、言葉を知っていれば患者さんとの話の中でのネタとして使えますし、
整形外科学会で使われている言葉をちゃんと知っているんだって云う患者さんの信頼関係も、
築けるかもしれません。

 その中でサブタイにもなっている、
メカノレセプターなのですが、
 転倒危険病にロコモティブシンドロームと云う名前をつけて
手足のメ・・・それはメカノレセプターと云うのがあるんですって。
 眼を閉じていても手足が今どのくらい曲がっているのか、どのくらいの速さで動いているのかと云うのを常に脳に情報を送っているいるらしいです。
 ・・・で、このメカノレセプターの昨日が低下してくると、
ズレが生じてくるのですが、その原因の一つが変形性ひざ関節症なんですって。
 かいつまんで話ているので、
くわしく知りたい方は、再放送やインターネットで調べてね。
 ちなみに、
 ネットで調べると結構話題なんですねっ、
足底メカノレセプターとかで、足裏にたくさんあるようです、
また2つの型に分類できるようで、
緩慢順応型メカノレセプターとか迅速順応型メカノレセプターとかがあるようです。
くわしくはネットで調べてちょ!
 
 似たような話で、
人間の位置覚や速度を測る器官は、解剖学や生理学で学ぶと思うのですが、
上記の内容で話を終わりにしてしまうと、
ここのブログの意義が感じられないので、ついでに話しますと、
以前にもカキコしましたが、
人間は、眼をつぶっていても角度を判るって話はした事があると思うのですが、
この角度なんですが、メカノレセプターと云う言葉と関連があるかは別として、
位置覚と云う言葉で云うと痛みを位置覚が角度で覚えているんじゃないかって話ですねっ、
例えば、捻挫などで、痛めた場合に、いためた角度と自動他動で動かして痛いと、
その角度にはしないように、防御姿勢をしますよねっ、
ところが、痛めた箇所が器質的に治ったとして、
1年たっても痛かった角度に曲げると痛みが続く場合があります、
そのような場合に、脳の誤作動ではないかって話です。

 その治療に対して、
鍼灸も適応の一つなので、
そう云う方は、一度鍼院に云って見るのも手かな?って思います。

 では、
スポンサーサイト

この記事へのコメント

はじめまして。

BSでためしてガッテンの再放送を見ていて、メカノレセプターというのが出て来たのでググってみたところ、
このページがトップに来ていたので、お邪魔しました。

手足の動き、位置を知るには、関節の角度を計っていたんですね。
ジャイロスコープみたいなのが神経系にあるのかと思ったのですが、これは違ってたみたいです。

Re: メカノレセプター

ぷりさんへ。
はじめまして、
コメントありがとうございます。
 テレビで見たのが、
ちょっと前なので、
僕の記憶容量からすると、
すでにおぼろげな記憶になってしまっています、いやはやお恥ずかしい。

 って話はさておき、
番組の趣旨を考える事をしなかったので、
それほど深く考えないで、
記事として残していたのですが、
読んでいただいてありがとうございます。
 正直ジャイロスコープを知らなかったので、Wikiでみたのですが、
原理が僕の脳味噌では理解できなかったのは・・・(笑)。

 ちなみに、
関節の角度だけで判断している訳ではないらしいのですが、
興味があれば、以下Wikiで位置覚。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%8D%E7%BD%AE%E8%A6%9A
 これにさらに、入力された情報を、
脳の方でどのように処理されるかって話になると、もっと興味深いんですよねっ。

 では、

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maruton.blog55.fc2.com/tb.php/2719-b8f69800

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。