スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後期期末試験の途中経過・・・ 

 昨日から始まった試験なのですが、
昨日が「公衆衛生学」と「医療と健康(脱臼・捻挫・軟部組織組織)」の2科目、
今日が「柔整理論(骨折と固定・後療法)」と「英語」の2科目と云った感じです。

 柔整理論がかなり細かい部分から出ているので、
かなり手こずった感じでしょうかっ、
所謂、ヤマカンが外れたって状態ですねっ、
まぁ、力を抜いた部分がもろに理解してなかったと云うのが残念です。

 あと、ちょっと不明な点が全教科に関してあるのですが、
それは、「必修問題」の扱いです。
 どうにも、今回から必修に関しては、
80%の正解率がないと追試になると云った情報があったり・・・不明瞭なのですが、
通常は、60%超えていれば合格なのですが、
国家試験では、必修問題は、80%以上ですから、
それに対応してって事だと思うんですけどねっ。
 
 問題なのは、各教科で、それぞれ80%なのか?
それとも全科目を合わせて80%なのか?
1問しか必修問題がない科目もあったので、
どうなの?って云うのがイマイチ判りません。

 って云うか、文章での発表がないので、
正式な所がよく判らない状態です、
まぁ、個人的には、学校側が生徒にやる気をおこさせる為に、
このような発表になっているんじゃないかって思っていますけど、
たぶん各教科で60%超えていれば、追試はないんじゃないかと、
希望的観測なんですけどね(笑)。

 ちなみに、国家試験では、
必修科目80%は、全教科で超えていれば大丈夫なんですよねっ。

 まぁ、なんにしても、
理解できてない部分がはっきり判るので、
試験の結果が戻ってきたら、
きつちり勉強しないとねっ!

 では、
 追記:金曜日まで試験があるので、頑張らないと!
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maruton.blog55.fc2.com/tb.php/2568-98ac867b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。