スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リリーフェー 


 リリーフェーって皆さんご存知ですか?
僕は、てっきりヨーロッパ版バービー人形のオママゴト版かと思いきや、
なんと、妖精さんでした!
 ヨーロッパの妖精って、
小説なんかの挿絵なんかだと、
ちょっとイタズラっ子みたいなのとか、意地悪そうなのが多いのですが、
リリーフェーは、当然違います!(笑)
 全ての始まりはドイツで出版された『プリンセス・リリー』という一冊の絵本。
ヒロインは妖精の女の子。名前はリリー。
絵本の中のリリーは花が咲き乱れる美しいプリンセスガーデンのお城に住んでいて、友達に魔法を教えてあげたり、また時には悪い魔法にかけられ苦しむ人々を助けたりと、勇敢にそして心優しく仲間を思うリリーが描かれています。
絵本『プリンセス・リリー』はあまりの人気ぶりから、多くのファンがキャラクターグッズを切望していましたが、ドイツに本社を置くSPIEGELBURG INTERNATIONAL社が実現させました。

詳しくはこちら
>>http://www.lillifee.jp

 このぐらいかあいいと、
日本の小さなお友達も、
気に入ってくれますよねっ!

 SPIEGELBURGでは、プリンセス・リリーフェーをメインキャラクターとし、キャプテン・シャーキーやフェリックスなど、可愛いものが大好きな女の子だけではなく、わんぱくな男の子やおしゃれなママなど、皆様に幅広く愛してもらえるキャラクターがいっぱいいます!
商品は、おもちゃだけではなく、家具や食器など生活雑貨も豊富です。ご友人の出産祝いや新築祝いなど、この可愛い商品を贈ってみてはいかがでしょうか。また、普段使いのマイボトルとして、プリンセス・リリーフェーの水筒を使用してみてはいかがでしょうか。

環境にも配慮している、 SPIEGELBURG INTERNATIONAL社。また、 SPIEGELBURG INTERNATIONAL社の商品包装には「グリューネ・プンクト」のマークが付いています。これは、ドイツのリサイクルマークで、製造者と販売者が責任をもつ、つまりリサイクルにかかる費用を両者が負担していることを表しています。

詳しくはこちら
>>http://www.lillifee.jp

 ドイツだけではなく、ヨーロッパ全土で愛されている、「リリーフェー」が、日本に上陸しました!
軽井沢店や多摩センター三越店、大阪堺店がオープンし、いままでに本当に多くの方が「リリーフェー」に会いにきて下さっています。
みなさん、是非「リリーフェー」に会いに来て下さい!

詳しくはこちら
>>http://www.lillifee.jp/shopguide/

 輸入雑貨ですので、
普通のお店では、なかなか手に入りませんねっ。

 では、

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maruton.blog55.fc2.com/tb.php/2235-211ac5df

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。