スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国製冷凍餃子から農薬成分検出 

 痛いニュースより・・・


“中国産・薬物ギョーザで10人被害・1人重体” 千葉や兵庫で被害発生。殺人未遂で捜査…JTフーズが輸入
★中国製冷凍餃子から農薬成分検出
千葉県や兵庫県で中国製の冷凍餃子を食べた親子など10人が嘔吐や下痢症状を訴え、1人が重体、他の4人も重症です。この餃子からは有機リン系の農薬の成分が検出されていて、千葉県警などは殺人未遂事件として捜査を始めました。

このうち、千葉県市川市の親子5人は今月22日、市川市内で夕食に中国製の冷凍
餃子を食べ、食後30分後、いっせいに腹痛を伴う嘔吐や下痢の中毒症状を訴え、
病院に運ばれました。このうち5歳の女の子が重体、4人が重症です。
問題の餃子は品川区の「ジェイティーフーズ」が中国から輸入し、生協が「CO・OP
冷凍食品 手作り餃子」として販売しているものです。
また、兵庫県でも男女3人が嘔吐や下痢を訴え入院しましたが、現在は回復しています。


 ってな訳で、
ついに日本にも輸入されましたかっ!
どうするんですかねっ?
中国は?
ひよっとして、日本の陰謀とかいいださなければいいのですが・・・。
もしくは、早急に処分して、終わりにしそうかなっ。

 「おぢさん」的に、問題は、生協の立場かなっ、
以前にも、生協の商品で偽装問題があったと思いますが、
結局、生協は、消費者に親切と歌っていながらも、
実は儲けのためなら、
なんでもやっているのではないかな?
まさに、化けの皮がはがれた状態ではないでしょうか?

 確かに、設立当初の理念は、
消費者よりだったのかも、
知れませんが、
だんだんと、利益を追求するために、
検査などがおろそかになっているのではないでしょうか?

 では、
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maruton.blog55.fc2.com/tb.php/1815-4f303348

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。